【2021年11月】Instagram はビジネスで使うにはベストなツール【Part9】

インスタグラム 豆知識

こんにちは中村です。
コロナ感染者も激減し経済活動が活発になる兆しが見えますね〜
もちろん油断は大敵です。

日本以外の国ではまだまだ猛威をふるっている国もありますので!
ではでは今回がnstagram はビジネスで使うにはベストなツールの最後になります。
最後なので当社の番宣もしますのでご了承くださいね!!

【結論】
ターゲットユーザーへ価値のあるコンテンツを提供し続けるアカウントが
●ターゲットユーザーへ
●正しいアプローチ

をすると、当然フォローバック率は UP します。
ただ、Instagram での目的(集客に繋げること・知名度を上げることなど※クライアント様 毎に異なりますが)を達成するためには、上記のどれかが欠けてしまってはいけません。当 然これには工数や知識といったものが必要になってきます。

ビジネスをする上で、Instagram マーケティングというのは集客手段の一つであり重要なものです。やはり
クライアント様にはこの運用に注力していただき、そういった 多くのユーザーに届けるのが私たちの役目になります。

弊社の Instagram 運用代行サービス
●お客様のアカウントの専属運用担当者がつきます
●完全人的サービスです
●アカウント構築の運用サポートも充実しております

※アカウント構築のための基本となる、効果的な運用アドバイスは可能です。しかし、基本 コンサルとはならないため企画立案のようなことには対応できかねます。(一部ご回答でき ないものや、別途費用が発生するものもございますので、ご理解いただきたく思います。)

SNS マーケティング専門のアカウントプランナーによる
●目視で精密なターゲティング
●手動アクション

※今では Instagram の規制がより強化され、ユーザーの Instagram マーケティングに対する リテラシーも高まっています。一昔前では「Bot」のような自動アクションが優秀だとされ ていましたが、ユーザーの迷惑行為にあたりかねないということもあり、Instagram 側では 年々警戒が強くなっています。もはやそういったシステムは Instagram 側で検知できるよう になっています。凍結などのリスクも高まりかねませんので、そういったサービスにはお気 をつけください。

ターゲティング方法:「目視」 中心となるターゲット項目は「コミュニティターゲット(競合アカウントのフォロワー)」 「ハッシュタグ」で、目視確認可能な範囲で「性別」「年齢」「商圏エリア」と絞っていきま す。(例:渋谷によくいる 20 代の女性でカフェ好き。Instagram の投稿でよく#カフェラン チ #カフェ巡り #カフェ好きと繋がりたい を利用する。)
その高確率ターゲットに対し手動でアクション(いいね・フォロー・アンフォロー)していき、あなたのアカウントを認知させる気付きを与えます。アクションされたユーザーが、その人のアカウントを見に行く確率は、弊社調べで2人 1 人 です。こちらからアクションをしているユーザーは、上記項目で絞られたターゲットユーザ ーなので、フォローされる確率が上がります。フォローされるとその後の購入・来店などに 繋がり、さらに継続的なプッシュまで可能になります。

【重要】弊社の役目は「魅力的なアカウントをより多くのユーザーに届けること」で、ポスティングに例えると「チラシを配ること」にあたります。そして、そのチラシ自体を作っているのは、クライアント様になります。そこでチラシ自体に魅力がない・内容が希薄・よく わからない…といった場合には、当然チラシを配ったお客様に興味を持っていただくこと はできません。クライアント様の受け皿は効果に大きく影響します。

※アクション制限(アクションブロック)は基本的に数時間〜24時間以内に解除されます。 アクションブロック=凍結されるではありませんが、アクション制限が多すぎると思うように運用が進まなくなってしまうので、平日の弊社によるアクションと並行してクライアント様側でアクションを行うことは控えるようお願いしております。 その分土日祝日に、お客様に対する感謝の気持ちや返信といったコンタクトをとっていた だければと思います。 ※土日祝日であってもセールスソリューションなどの迷惑行為とみなされるアクションや、 大量にいいね・フォロー・アンフォローをするといった行為は、行わないようお願いいたします。

弊社サービスと料金について

ご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談
ページトップへ戻る