LINE公式アカウントのリッチメニューの作り方

最近、ホームページやネットショップの仕事が多い
イーコンセントの鈴木です。



コロナウイルス「第2波」が来た時の備えは出来てますでしょうか?

実店舗運営が出来なくても仕事に支障がない仕組みの構築。
コロナ以前も必要性が高まっていましたが、
コロナウイルスの影響を受けてますます必要性が高まっている感じがします。

実店舗運営の全てをオンライン化できれば、
店舗運営のリスクから解放されます。

それには、集客・顧客の育成・フォローの三拍子が揃った
Webマーケティングの仕組みが必要になります。

LINE公式アカウントの運営もその中の一つです。

LINEをうまく活用することで情報発信や顧客フォローが可能になります。

Webマーケティングで言うと、
顧客の育成とフォローの部分をカバーできます。

そんな重要な役割を果たすLINE公式アカウントを運営されている方も多いと思いますが、リッチメニューは活用されてますでしょうか?

今回は、リッチメニューの設定の仕方を残しておきます。

まず、下記の画像のような背景画像を用意します。
この画像はpngで作成してありますので、編集できる方はダウンロードしてご利用ください。


LINE公式アカウントの管理画面に入り、
左メニューの【リッチメニュー】をクリック。


画面右側の【作成】をクリック。


全ての項目を入力・チェックし、
画面左下の【テンプレートを選択】をクリック。


用意した背景画像と同じテンプレートを選択。


用意した背景画像をアップロード。

ドラッグ&ドロップで簡単にできます。


最後に各配置ボタンのタイプを選択し必要項目を入力し【保存】をクリック。


完成です。


このリッチメニューがあれば、
LINE配信をした時に常に伝えたい情報を画像で掲載できます。
是非、活用してみてください。

では、また。

ご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談