2024年7月 「土用の丑の日」になぜ”うなぎ”なのか?

皆さん、こんにちは!今回は中川先生の動画紹介はお休みし、ふと疑問に思ったことを紹介しますね。

これ「土用の丑の日」今年は・7月20日(土)•8月1日(木)になります。

なぜ「うなぎ」なのか?疑問に思いません?でででマーケッター視点で調べて、まとめてみましたよ。

平賀源内のマーケティング戦略

背景:平賀源内(ひらがげんない)は江戸時代の博学者で、多岐にわたる知識を持つ人物でした。彼は科学者としても知られていますが、その一方で人々の心理を巧みに利用したマーケティングの才も発揮しました。

課題:江戸時代の夏、うなぎは脂がのりすぎて売れにくい時期でした。うなぎ屋の店主は、夏場の売上低迷に悩んでいました。

提案:平賀源内は「本日丑の日」という看板を出すことを提案しました。これは土用の丑の日に「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないという民間伝承に基づいています。この伝承を利用して「うなぎ」をアピールし、土用の丑の日と結びつける戦略を取ったのです。

結果:この戦略は大成功を収め、うなぎ屋の売上は急増しました。人々は「土用の丑の日にうなぎを食べる」という新たな習慣を受け入れ、定着していきました。

マーケティングの視点での深堀り

2. 消費者心理の活用

消費者行動:消費者は、新しい習慣やトレンドに敏感です。平賀源内のアイデアは、特定の日に特定の食べ物を食べるというシンプルかつ強力なメッセージで消費者の心に響きました。これは、現代の「イベントマーケティング」に通じる考え方です。

心理的効果:丑の日に「う」のつくものを食べると健康に良いという民間伝承は、消費者の心理的安心感を高めました。これにより、うなぎを食べることが健康に良いというポジティブなイメージが形成されました。

3. 限定性と緊急性

限定性の強調:土用の丑の日は年間で数日しかありません。この「限定性」が、消費者の購買意欲を刺激しました。限定商品や期間限定の販売戦略と同様に、「今しかない」という意識が消費行動を促進します。

緊急性の導入:看板に「本日丑の日」と明記することで、消費者に「今日食べなければ」という緊急性を与えました。これにより、日常的にうなぎを食べる習慣がなかった人々も、この日を特別な日と捉えて購入するようになりました。

4. ブランド構築と認知度向上

ブランド価値の創造:うなぎ屋は土用の丑の日に特別メニューやキャンペーンを展開することで、ブランド価値を高めました。この習慣が定着することで、うなぎ屋のブランド認知度も向上しました。

ローカルからナショナルへ:最初は特定の地域で始まったこの習慣は、口コミや評判を通じて全国的に広まりました。これにより、うなぎを食べる習慣は日本全土に浸透し、文化の一部として定着しました。

現代への応用

現代のマーケティングでも、平賀源内の戦略は多くの示唆を与えます。特定の日に特定の商品をプロモーションする「イベントマーケティング」、消費者の心理をつかむ「心理的効果の活用」、そして「限定性」と「緊急性」を利用したプロモーションは、いずれも有効な手法です。

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、歴史と伝統に裏打ちされた強力なマーケティングの成功例です。これを応用することで、現代のビジネスでも同様の成功を収めることができるでしょう。

 

愛知県豊川市を中心に豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市、岡崎市などの地域でホームページ作成及び運用管理、プレスリリースの配信、LINEによる顧客管理・業務管理システム(Lステップ正規代理店)をご提供させて頂いております。販売促進・広告に関することでしたらお気軽にご相談ください。

コメントは利用できません。

イーコンセント営業カレンダー

2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

休業日

ページトップへ戻る