有限会社イーコンセント

ブログ

ブランドって何?

最近要望が多いのが「ブランディングをしてほしい」という案件
そもそもブランドってなんだろって具体的な意味は理解してないんですよねー

私の頭にすぐに思いつくのが
”apple”
ですねー

洗練かつシンプルなデザインで、なによりも使い勝手がよく、所有欲をかきたてるプロダクトだなーと思いました。
でブランドって何?

ブランド(brand)という言葉は、英語の「burned」からきており、焼印を押すという意味がその起源です。
古くは、放牧してある牛に焼印を押したり、醸造されたウィスキーの酒樽に焼印を押したりして、
所有者や製造元を区別するために文字やマークを入れたことがはじまりです。

でで、つまりこうゆうことかとかなーと思います。
ブランドとは形のない価値、ユーザーが商品やサービスに対して持つ共通のイメージということになります。
また、ブランディングとは商品やサービスについてユーザーに共通のイメージを認識させることをいいます。
ブランディングを実施し、市場でのポジショニングを確立することにより、商品やサービスの価値を認識してもらい、ユーザーを獲得することができます。

引用元:商標登録.jpえばこんな感じですね〜

●企業側から見たブランドの役割

1. 市場での差別化
→「おしゃれなパソコンといえばMac」

2. 商品サービスに対して愛着・信頼を持ってもらう(顧客ロイヤリティ)ことによる売上の安定
→「いつもファンケルのコスメを買うから、次もファンケルで買う」

3. CM、チラシなどの広告宣伝に頼らないことによる利益増
→スターバックスは宣伝しないにもかかわらず知名度が高い

4. プレミアム価格(通常より価値のある商品にたいして設定された上乗せ価格)による利益増
→スターバックスは同一カテゴリ製品に比べて価格が高い印象があるが人気。

●ユーザー側から見たブランドの役割

1. ブランドイメージに自分を重ねる意味付けの機能
→「セレブに見せるためにルイヴィトンのバッグを持つ」

2. 購入までのコスト、時間を減らす識別機能
→「モスバーガーに行こう」

3. リスク回避のための品質保証
→「国産は安心」

などなどになります。

次はどのようにブランディングしていくのかご紹介いたします。

ページトップへ戻る